建替え

100年価値を保つには

マンションの寿命は?

近年の新築マンションは、長期に価値を保つための設計・仕様や長期修繕計画が標準装備され、100年を超える寿命を前提にして建てられていますが、今建替えられているマンションは築50年程度のものも多いのも事実です。それは建築基準法に大きな改正のあった1981年という年が関係しています。その理由や寿命に至る主な要因などについて考えてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました