マンションの専門家

マンションの専門家

第三者管理者方式って何?

最近、マンションの役員の成り手不足が深刻で、外部の専門家に役員をやってもらう管理組合もあるらしい。さらには、理事会さえも廃止しちゃっているマンションもあるらしいけど、それって「第三者管理者方式」って言うらしい。
マンションの専門家

専門家の活用方法

理事になってみて、マンション管理は、あまりに範囲が広くて専門的なので、各分野のプロに助言を聞きたいと思うことはないでしょうか。顧問やコンサルティングを依頼する他に、外部の専門家を管理者や役員になってもらうケースがありますので、その方法を解説します。
トラブル対処法

理事(役員)の成り手がいない!?

高経年による修繕カ所の増加で理事会の負担増、区分所有者の高齢化、賃貸率の増加で理事に就任できる居住する区分所有者の減少といった理由で成り手不足は深刻化していきます。そうならないように、早い段階から対策を考えておきたいものですね。もし、既にその問題に直面していたら、管理組合の財政状態を踏まえて手段を考えていきましょう。
マンションの専門家

マンション管理士って必要?

なぜ国土交通省や地方自治体は、管理組合に対してマンション管理士の活用を様々な場面で広報しているのでしょうか?専門家は管理会社のフロントマンで十分、と考えている管理組合の皆様にも是非一度考えていただきたいマンション管理士の存在意義について解説します。
タイトルとURLをコピーしました