100年価値を保つには

100年価値を保つには

修繕積立金不足の解決方法は?

築古のマンションでは、長期修繕計画がなかったり、あっても実効性のない場合もあり、修繕積立金が不十分であるところも少なくありません。積立金が不足して、必要な工事が進められないという場合、どのように対処したらよいでしょうか。
100年価値を保つには

マンションの防災を本気で考える

皆さんのマンションでは、本当に被災時に役立つ防災対策ができていますでしょうか?法律で義務づけられた防災計画と防災訓練を実施しているだけでは、いざという時に実効性が高くないかもしれません。この先10年以内に、自分達が被災する可能性が高いという前提で、防災について考え始めてみてはいかがでしょうか。
100年価値を保つには

マンション管理と脱炭素の関係

脱炭素社会の実現は、国も企業も個人もトッププライオリティのひとつになっているのではないでしょうか。今後、マンションの管理組合の理事会で、「脱炭素社会に向けて当管理組合が取り組むべきこと」を議論するような日も来るのではないかと思います。
100年価値を保つには

大規模修繕工事の1年前にやるべきこと

大規模修繕工事の1年前には、調査診断と住民アンケートの結果から修繕基本計画を策定し、施工会社を選びます。大きな建物の修繕工事は専門的な話も多いのですが、一戸建ての自宅を修繕するという感覚で、劣化したところを直して、より快適な住空間に改良することを考えれば、大枠としてはそれほど難しい話ではありません。
100年価値を保つには

設計監理方式と責任施工方式の違い

いよいよ大規模修繕工事を実施する方針が固まったら、工事の発注方法について検討します。主に設計監理方式と責任施工方式の2つがありますので、それぞれの特徴をしっかり理解してマンションにあった方式を選択しましょう。
100年価値を保つには

大規模修繕工事の2年前にやるべきこと

大規模修繕工事の時の理事は大変だと聞くけど、自分が理事の年でなくて良かった~、などと安心していらっしゃいませんか?大規模修繕工事は、2~3年前に本格的な準備を始めていないと、困るのは2年後の理事会、、、ではなく結局「管理組合」すなわち皆さん自身がそのつけを払わされることになってしまうのです。
100年価値を保つには

長期修繕計画って見直すものなの?

長期修繕計画は、新築当初から見直しをしていない、なんてことはないでしょうか?長期修繕計画は見直してこそ価値があります。是非一度、長期修繕計画と修繕積立金計画についてじっくりと見直してみてください。その計画は、計画期間を超えて100年先までイメージできる計画になっているでしょうか?
100年価値を保つには

マンションの寿命は?

近年の新築マンションは、長期に価値を保つための設計・仕様や長期修繕計画が標準装備され、100年を超える寿命を前提にして建てられていますが、今建替えられているマンションは築50年程度のものも多いのも事実です。それは建築基準法に大きな改正のあった1981年という年が関係しています。その理由や寿命に至る主な要因などについて考えてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました