新耐震基準

100年価値を保つには

日本のマンションの歴史~その2

その1に続き、マンションの大量供給時代を経て現在に至るまでの歴史を整理します。
マンションの防災

地震保険について考える

皆さんのマンションの管理組合は、地震保険に加入していますか?火災保険に入っていない管理組合はないと思いますが、地震保険にも加入するかどうかは、判断が分かれています。一律でどちらがよいと言えるものではありませんので、ここでは、判断の参考となる情報を整理してお伝えしたいと思います。
マンションの防災

家具の転倒防止対策、できてますか?

大地震があっても、マンションは倒壊しないという前提に立てば、次に命を守る行動は、大型家具の下敷きにならないための対策をとることでしょう。特にマンションの高層階は、大きく揺れますので、家具が転倒する危険性が高いのです。
100年価値を保つには

マンションの寿命は?

近年の新築マンションは、長期に価値を保つための設計・仕様や長期修繕計画が標準装備され、100年を超える寿命を前提にして建てられていますが、今建替えられているマンションは築50年程度のものも多いのも事実です。それは建築基準法に大きな改正のあった1981年という年が関係しています。その理由や寿命に至る主な要因などについて考えてみましょう。
タイトルとURLをコピーしました