yuji_ito

コラム

予算外の支出は、理事会の判断でどこまでできる?

予算策定時には予定していなかった突発的な理由で支出が必要になることもあります。その際に、いちいち臨時総会を開催しなければ、何もできないのでしょうか?標準管理規約の条文をもう一度確認して改めて理解をしておきましょう。そして、そうした状況にそなえて、予算計画をたてるコツなどをお伝えします。
コラム

マンションも太陽光パネル設置義務化?

東京都は、2025年以降の戸建てやマンションなどの建築物を新築する際に太陽光パネルの設置を義務化する方針を発表しました。温室効果ガスの削減目標に向けて、社会全体が動き始めていますが、家庭での消費電力の削減は必須の課題となっています。
マンションの防災

マンションの水害対策

最近の事例を見ると、「マンションは水害に強い」とはいいきれなくなってきたと思います。個々のマンションによって、その危険度は大きく異なり、とるべき対策も違ってきますので、まずは、公開されているハザードマップ上で、ご自身のマンションがどこに位置しているかを確認しましょう。
マンションの防災

マンション総合保険また値上げ?

2022年10月に、マンション総合保険(火災保険)の保険料が改定されます。今回は全国平均で10.9%の値上げとなります。5年の更新期間で来年更新の契約なら、これまでの改定と合わせて平均2割以上の値上げになります。地域によっては、あるいは築年数によってはもっと大きな値上げになりますので、今後対策を求められることになると思います。
マンションの防災

マンションで必要な防災備蓄は?

マンションでも、食料品や日用品の防災備蓄は、各家庭で用意しておくのが基本です。何を何日分備蓄しておけばよいでしょうか。防災用の特別なものではなく、普段から使えるローリングストックを心がけましょう。
駐車場関連

EV充電設備、導入費と維持費をゼロにできる?

既存マンションで新たにEV充電設備を設置しようと検討した場合、管理組合独特の多数決の壁が立ちはだかります。一部の住人しかメリットを受けないことに対して管理組合が新たに費用を使う提案は、賛同を得るのは簡単ではありません。では、導入費ゼロ、維持費もゼロだったらどうでしょうか?そんなサービスを展開している会社があります。
コラム

管理費の値上げに備える

原価が上がれば値上げをするのは合理的な行動です。昨今の物価の上昇などを考慮すると、「管理費の値上げ」という言葉に必要以上に拒否反応を示さずに、管理費の値上げも一つの選択肢として検討すべき時代になってきたのではないでしょうか。ただし、新築以来本格的な管理費の見直しをしてこなかったマンションは、様々なコスト削減策がありますので、理事会で検討していただけたらと思います。
マンションの防災

家具の転倒防止対策、できてますか?

大地震があっても、マンションは倒壊しないという前提に立てば、次に命を守る行動は、大型家具の下敷きにならないための対策をとることでしょう。特にマンションの高層階は、大きく揺れますので、家具が転倒する危険性が高いのです。
100年価値を保つには

修繕積立金不足の解決方法は?

築古のマンションでは、長期修繕計画がなかったり、あっても実効性のない場合もあり、修繕積立金が不十分であるところも少なくありません。積立金が不足して、必要な工事が進められないという場合、どのように対処したらよいでしょうか。
マンションの防災

通電火災とは?

大地震により、家の中では家具が倒れたり、物が落ちてきて家電製品の電源コードを傷めたり、白熱灯や暖房器具などに可燃物が覆いかぶさった状態で、停電が解除され通電した時に、それが原因で火事になることを「通電火災」といいます。
タイトルとURLをコピーしました